大分県大分市長浜町 (MAP) 

大分県の女性のパーソナルトレーニング・出張レッスン・女性専用グループレッスン・レンタルスタジオ・トレーナー独立支援

大分県の女性のパーソナルトレーニング・出張レッスン・女性専用グループレッスン・レンタルスタジオ・トレーナー独立支援

2019年11月11日

ダイエットを経験したことのある方は
体感しているかもしれませんが


痩せてくると
それまで避けてきた運動も
なんとなくしてもいいかな?
と前向きに思えてきた経験はありませんか???




運動に前向きになる理由として


『体が軽くなったから』

『運動が楽しくなったから』

『ますます痩せたくなってくる』


…という気持ちの問題だけでなく

体内で分泌されるホルモンも関係していることがわかってきました。





キーワードは「グレリン」





久留米大学医学部の研究によると↓↓↓


グレリンが欠損しているマウスは
摂食には影響がないものの
自発の運動量が少ないことが発見されました。



そこで、運動量が低下している”グレリン欠損マウス”に
食事のリズムに合わせてグレリンを投与したところ
運動量が回復することがわかりました。




「グレリン」は脳にはほとんど存在せず
胃を中心とした消化管(末梢組織)が主な産生部位のホルモンです。



ですので、運動へのモチベーションには
脳などの中枢だけでなく
末梢組織(胃)も重要な役割を果たしている可能性が示されたのです!





運動へのモチベーションは
「グレリン」が分泌される空腹時に高まるため

食事のリズムを正せば
グレリンの分泌リズムも改善され
運動に対する意欲も高まります。


逆に、食事のリズムが崩れると
運動に対する意欲が低下し
運動不足になる可能性があると言えるのです。




まずはダラダラ食べをせず
適度な空腹時間をつくることが
ダイエットの大きな第1歩となり得ます(∩´∀`)∩



=======================

余談ですが・・・

グレリンは「ぐ~」っと
空腹時にお腹をならすホルモンです。

あれは胃の内容物を
腸の方へ押し出したときに鳴る音といわれています。


お腹が鳴るのが恥ずかしい(*ノωノ)
と思うこともありますが
体の仕組みとして必要なこととも言えます^^


↑このことを知ってから
私はおなかが鳴ると

恥ずかしさよりも
「よっしゃ!次のごはんを食べる準備が整った!!」
って思うようになりました( ´艸`)笑

 
通信中です...しばらくお待ち下さい