大分県大分市長浜町 (MAP) 

大分県の女性のパーソナルトレーニング・出張レッスン・女性専用グループレッスン・レンタルスタジオ・トレーナー独立支援

大分県の女性のパーソナルトレーニング・出張レッスン・女性専用グループレッスン・レンタルスタジオ・トレーナー独立支援

2019年10月21日

お酒が飲める方も飲めない方も

自分の許容量を超えたときにおこるのが

厄介な二日酔いです><





お酒が飲めるかどうかは

遺伝も大きく関係しています。


日本人は元々、欧米の方ほど

アルコールを飲める遺伝子を持っていないといわれています。




しかしながら

飲む機会があったり

お酒が好きな方もいらっしゃると思います。




『飲みたいけどできるだけ翌日に残したくない!』


その希望を叶えるために

二日酔い予防について書いていきます☆






< 二日酔いが起こる流れ >

アルコールは、身体に吸収され血管に入ると、

肝臓でアルコール→アセトアルデヒド→アセテート(酢酸)

という順番で分解されていきます。


アセテートは血液にのって全身を回りながら

筋肉や脂肪組織で二酸化炭素と水に分解され、

吐く息や汗、尿として排出されます。



二日酔いは、肝臓がアセトアルデヒドを分解しきれないことで起こります。



アルコールが肝臓で分解されてできるアセトアルデヒドという物質は、

タバコの煙などにも含まれる有害物質です。


このアセトアルデヒドには、吐き気や動悸、

頭痛などを引き起こす働きがあり、これが二日酔いの原因となるのです。



お酒をたくさん飲みすぎると、

肝臓がアセトアルデヒドを十分に処理しきれず、

血液中のアセトアルデヒドの濃度が高くなるため、

その毒性によって胃痛や胃もたれ、胸やけ、吐き気、動悸、頭痛などの症状が現れます。



また、アルコールの刺激で胃が荒れ、

機能が低下することや脱水症状になることなども、

二日酔いの不快な症状を引き起こす要因となります。








< 二日酔いにならないためには >


二日酔いにならないためには、

できるだけ早く二酸化炭素と水の状態にすることです。




ここでアミノ酸の登場です。

アミノ酸の一種であるアラニンやグルタミンは、

カラダの中でエネルギー源となる糖を

新たに作り出すアミノ酸です(糖原性アミノ酸といいます)。



その際に、アルコールが分解される過程で作られる

NADH(補酵素の一種)を消費するため、

肝臓での分解反応がスムースに進むと考えられているのです。



ですから、これらのアミノ酸を摂取することは、

肝臓でのアルコール分解の効率を上げ、二日酔いの回復に役立つわけです。








余談ですが・・・

【筋トレをしたらアルコールを飲まない方がいい理由】

筋トレによって傷ついた筋肉が

アルコールによってさらに

分解されやすい状態になるためだと考えられます↑↑↑






下のグラフは、アルコール飲料を飲んだ直後に

アミノ酸【アラニンとグルタミン】を摂取してもらったグループと、

比較のため【普通の砂糖水】を摂取してもらったグループとで

呼気中のアルコール量がどのように変化するかを表しています。



時間がたつにつれ肝臓でアルコールが分解され、

次第に呼気中のアルコール量は低下していきますが、

【アラニンとグルタミン】を飲んだ場合の方が、

【砂糖水】を飲んだ場合よりも明らかにアルコール量の低下が速いことがわかります。



これは【アラニンとグルタミン】によって

肝臓におけるアルコール分解が促進されたためです。








 また、アルコール飲料を飲んだ後に

アンケート調査での被験者が感じた主観的な酔い醒め感は下記の通りです。





引用:https://www.ajinomoto.co.jp/amino/himitsu/kanzou.html




アミノ酸がアルコール分解に役立つことは

何となくご理解いただけたでしょうか?^^



次回、具体的に「二日酔い予防のおつまみ」をご紹介していきます☆


===================================


お酒との付き合い方は私も悩みどころで(^^;


最初はチューハイ350ml缶の半分で

約1週間めまいに悩まされました><



うちは、父は全く飲めない人で

母は結構飲める人です。



最初の頃は、私も本当に飲めない人だったのだと思います。

赤い湿疹が体中にでるくらいでしたから(^^;



しかしながら、

何度か飲み会に参加したり

楽しく飲む機会が続いたとき

その症状が軽くなっていっていることに気が付きました。



20代前半の頃には

何事もなく飲めるようになっていました。



栄養の先生いわく、

「飲める遺伝子が全くなかったら

何回飲んでも飲めるようにはならない。

2つある飲める遺伝子のうち、1つ持っている人は

飲めるようになることもある」

ということでした。



私、まさしくそれじゃん!!!笑



アルコールで素の自分を出しやすくなるために飲んでる

っていうのも飲み始めてから発見したことでした。




最近、お決まりのパターンは

飲み会から帰ってくると

パンツ一丁になって布団に飛び込んでいますww


翌朝、あれ?私服着てない!?ってなります(^^;

↑飲みすぎww



お酒も、恋も、ほどほどに( ´艸`)笑

 
通信中です...しばらくお待ち下さい